効率化ばかり考える

日々、無駄を省き効率化ばかり考えてるブログ

ベーシックインカムを上限付きオートチャージのプリペイドカードで支給する

ベーシックインカムの支給方法として、上限付きオートチャージプリペイドカードを支給するというのはどうでしょうか。

10万円を限度に1日1000円づつチャージしていきます。10万円以上はチャージされません。

セーフティネットとして機能し、飢え死にのような最悪の事態を防ぎます。少しづつのチャージのため、お金の使い方がおかしい人も飢え死にすることもないでしょう。

給付金と違い貯蓄に回ることは無い

給付金である場合、貯蓄に回り経済に貢献しないという欠点がありますが、上限付きプリペイドの場合、上限が設けられているため、ソーシャルゲームのスタミナのように溢れるともったいない心理でお金を使いますし、消費しない人に対して給付がとまりますので、貯蓄に回り経済の停滞をさせることもありません。

お金を使うことへの意識づけは大切

お金を使うことへの意識を教育できます。何を買うか考えるとき、人は多くのことを知ります。そして、物やサービスを受け、さまざまな文化資本を蓄積していきます。お金を使わないことを目的とすると、人はだんだんと固定化されたルーチンに陥り、世間の変化に対応できなくなっていきます。お金を使い有償なサービスを受けることは貧困を固定化しないために重要なことです。

消費のビッグデータを経済の基礎に

消費のビッグデータ作成を行うべきでしょう。プライバシーの侵害を気にする人が多いですが、すでにgoogleクレジットカード会社はデータを収集していますので、状況はたいして変わりません。可能であれば、データ提供者に対してインセンティブを与えるのが良いでしょう。

データは全公開します。公共であるため独占して隠す必要がありません。もちろんビッグデータとしてですので、個人を特定出来るものではありません。これをもとにビジネスのアイデアを得ることが出来るかもしれませんし、さまざなな研究の基礎データとして活用できるでしょう。

 

どうでしょうか。
現在の技術なら十分可能です。マイナンバーもありますし、個人への給付も比較的簡単になりました。テクロノジーを使い効率的な運営を行えば、多くの人はもっと幸せになれるのではないでしょうか。

(財源については別で語るべき量なので省きます。)

少額のベーシックインカムくらいは導入できないの?

 先日、こういうニュースを見ました。

病気で貧困に追い込まれ、生活保護も受けられず子供ともども衰弱死する寸前だったというお話です。社会保障費が膨らんでいっている状況なので、生活保護の認定が渋られたようです。
日本はこういうケース増えてきたなと感じますし、今後さらに増えるだろうと予想しています。

せめて1万円くらいは無条件で給付したほうがよいのでは?

少額で良いので給付できないんでしょうか。1人に月1万円あれば、最悪飢えませんし、頑張ればライフラインくらいは維持できます。命さえ維持できれば、いろいろな相談を持ち掛ける時間はできるでしょう。役所も生活保護の認定を渋って人を殺してしまうこともないでしょう。

毎月1万円のベーシックインカムなら、財源は消費税7%程度の規模感

毎月1万円の支給であれば年間12万円です。これを全国民1,27億人に支給すると、約15兆円必要になります。これを用意するために必要な財源は消費税なら7%になります。
なかなかの痛税感ですが全員に1万円帰ってきます。これは14.3万円の消費税(7%)分と同額になります。これは平均的な独り暮らしの出費と同程度です。

 

私は、困っている人にはこのくらいの支援をするための再分配くらいは受け入れても良いのではないかと思うんのですが、これは許されないことでしょうか?

 

既存税制とベーシックインカムでの収入の変化を考える

ベーシックインカムは、とても多くの効果を期待できるアイデアであるのですが、今回はベーシックインカムの一つの財源案と既存の累進税制での所得の変化について考えてみたいと思います。

財源は所得を控除無しでフラットタックス40%としてみました。これだと約100兆円の所得税収となります。この規模だと年間で大人84万円、子供36万円が支給できます。大人の金額は基礎年金の支給額よりちょっと多く、子供は子供手当よりずっと多い金額です。

このとき、各所得層の所得はどう変化するでしょうか。

f:id:P_Paprika:20151215053256p:plain

既存の税制の控除を基礎控除一律60万円+健康保険料と厚生年金で20%としました。現在の税制はとても複雑で、正確に概算をとらえることが難しいため、簡略化していますが、雰囲気は伝わればいいなと思います。

アオが従来型の累進性課税後の手取りです。オレンジ+ミドリがBIでの手取りです。従来型の税制のほうからは、厚生年金と失業保険で10%を引かれると仮定します。ベーシックインカムの場合は税制に統合されるため、年金と失業保険の支払いはありません。

BIの税率は高く、多くの税金を取られますが、BIが支給されるため底上げが行われ、従来型に結局近いものになっています。所得1000万円の人の場合、従来型が40万円上回っていますが、ベーシックインカムは子供がいればさらに36万支給されるので同じくらいになります。

従来の税制での手取り(青ライン)とBIの税制の手取り(赤ライン)を比べると、赤いラインのほうが角度が緩やかであることがわかります。徴税で所得によって一律に取り、BIの支給で定額を再分配するため、角度が緩やかになります。

健康保険料は、ベーシックインカムと統合すべきではないと私は考えていますので、それぞれ収入の中から支払います。

あとは、どちらも住民税は10%を支払いますが、住民税の多くがBIと目的が重複する民生費に当たっているのが現状のようですので、BIを増額できるか、所得税率を下げるか、地域サービスの充実ができます。

 

どうでしょうか。ベーシックインカムはそれほど無茶でもないように見えませんか?

ミニマリスト本の書評

今日は、ミニマリストの本を読んでみて、書評を書こうと思います。

www.amazon.co.jp

「モノだらけの現代は本当に幸せか、ミニマリズムを通じて自分を見つめなおす。
モノを減らすことで自分に本当に必要なモノが見え、多くの時間を得ることができた。その結果、精神的に解放され幸福感を得ることができた。」

これでまとまると思います。あとは、目次を見ればその中身が見えるでしょう。内容はたとえ話が多くかかれています。さらに興味があれば読むといったところです。

あまりにも書評が短くなったので、私なりのミニマリズムの話をしようと思います。
私はミニマリストの自覚は無かったのですが、この本を見る限り、ミニマリストであるようです。机もイスもないほどではないですが、年々モノを少なくしていって、今年で本が0冊になりました。

私のミニマリスト体験談

すでに30代半ばになり結婚もしないと決めているので、本当に自分に必要なモノだけに絞っています。その過程で自分とは何かを考え、捨てることで自分はこういう人間であると決断をしたように思います。自分の持っているモノや経験などが頭の中で整理され、アクセスが簡単になり、物事の決断が早くなったように思います。

自分という人間をみつめなおしたことで、周りの評判にも惑わされなくなったし、心にも余裕ができてきました。

書評の本と体験談と一致しているところが不思議で面白いです。

私が思うミニマリズム

自分に必要なものを極限まで考え抜き、捨てることを通じ決断することが、良い効果をもたらしているように思います。その過程で、自分らしさとは何かが固まっていき、決断の速さや、安定した心を手にしているのではないかと思います。

ミニマリストになる過程での注意したいこと

モノが必要かを考えるためには、モノを知らなくてはなりません。ミニマリストになる過程で、モノをたくさん持っていることは必要なように思います。経験があるからこそ、吟味し決断ができます。そして、一度ミニマムにした後も、拡張を心掛けなければ、必要なものは洗練されていきません。拡張と収縮を繰り返すことで、より強固に自分が確立できていくものだと思います。モノが増えることを恐れて、経験を積むことを拒否してはいけません。

 

若すぎても、歳を取り過ぎても、ミニマリストは難しい気がしています。ある程度人生経験を積んだ人なら断捨離はお勧めしますよ。

自動運転車ではなく 自動運転ルームならどうだろう

自動運転車が最近具体的になってきました。まだまだ事故もあるでしょうが、徐々に一般化することでしょう。
さて、自動運転は自動車の形である必要があるでしょうか。セグウェイでもいいし、椅子でもいいでしょう。今回は部屋だったらどうだろうかという妄想をしようと思います。

自分の部屋が自動運転車だったら

前回、部屋はコンパクトで済むという話をしました。1x3mの部屋とあとは共有で十分でしょう。というお話です。

自動車の寸法は、ワゴンタイプのもの、大きいものでW185 D497 H181、小さいものでW125 D340 H148ほどのサイズ感のようです。
運転席の分もありますが、充分部屋を作れそうです。キャンピングカーというのもあるくらいですしね。この部屋が公道を走ります。

部屋以外はどうすれば良いでしょうか。当然シェアします。高速道路のパーキングエリアをイメージしてください。自動運転ルームのステーションを各地に作ります。そのステーション内にトイレ、バス、調理施設などがあり、そこに停泊します。もちろん、一般的な駐車場や店舗を使用するのも良いでしょう。

部屋が自動運転なら場所に縛られない生活になる

出勤時、部屋で身支度をしながら自動車で職場の前まで行けばよいです。帰りも同様に指定時間に迎えに来させれば良いでしょう。満員電車に乗る必要もありません。毎日の移動時間からも解放され、有意義な時間を過ごせます。

職場がいつも同じ場所である必要はありません。必要によって移動すればよいです。東京一極集中にする必要がなくなります。少し郊外に拠点を持ち、そこに人を集めるのも良いでしょう。わざわざ引っ越しをしてもらう必要もありませんし、職場の移動も気軽にお願いできます。

移動オフィスも可能でしょう。チームごとのトレーラーが移動し、遠くのチームと直接ミーティングを行えます。運転手を雇わなくても良くなるため、よりカジュアルな利用も可能になるでしょう。

個人店舗ももっと全国に出ればよいです。寝ている間に移動すれば良いので、毎日朝起きると違う場所にいるというだけです。

 休日はもっと好きな場所に行けます。人間は必ず睡眠をとりますから、その間に移動してしまえば移動の面倒はなくなります。目が覚めれば観光地の朝が待っているというわけです。

問題もあるが徐々に解決していくだろう

問題点としては当然渋滞が起きることでしょう。これは現在のインターネットのように、道路網も機械がうまく最適化してくれることを期待します。
交通費やエネルギーの問題もあります。不動産を持つコストに比べればそれほど問題にならないと考えていますが、フリーエネルギーの進歩などで徐々に気にしないレベルに落ちていくことを期待します。

 あとは、住所が個人の身分証明に深く紐づいていしまっている現状があることです。マイナンバーもありますし、個人の特定に住所が必要な時代ではないでしょう。もっと場所に縛られない自由で活発な移動があったほうが楽しいのではないかと思います。不動産の面倒さが、人々の活動に制限をかけてしまっています。これはもったいない話です。

どうでしょうか。住む場所をもっと気軽に自由にすることで、もっと楽しい日常になりそうな気がしませんか?

無駄のないコンパクトな部屋に住みたい

はい。日々無駄を省きたいことばかり考えてるパプリカです。

最近は、家の棚を半分くらいは捨てることができないか考えています。

今日は、部屋を最小限に抑えるとどうなるかを妄想してみようと思います。

最近、CDや本などを持たなくなってきました。服もそれほどには要りません。物を持たない生活を魅力的だと考える人も増えてきたと思います。
物を持たなくなると、家具もいらなくなります。家具がなくなると、部屋が広くなります。広くなった部屋を見て、こう思います。

「この部屋の広さ無駄だなー。」

個人の部屋の最小限はどのあたりでしょうか。1人暮らしを基準に考えます。基本的にシェアできるものはシェアで済ませたいと思います。
寝るところは先ず必要でシェアは難しいでしょう。次に所有物・資産の保護。これはよほどの信頼関係がなければ難しいでしょう。鍵付きの個室はあったほうが良いでしょう。
トイレ、風呂、キッチン、洗濯機は個人の好みがあれどシェアは可能だと思います。冷蔵庫は飲食物のシェアは可能かと言われれば、管理者なしでは難しいと考えます。これはほしい人は室内に持てば良いです。
シェアできるものを省いたときの最小構成は以下のようになります。

f:id:P_Paprika:20151119055049p:plain

1m x 3mのロフト付きの部屋です。カプセルホテルのように、上下で分かれているイメージです。かなり狭いですが、日頃自宅は寝に帰ってくるだけの人間にはこれで十分です。上段に寝床を用意して、下段には所有物を保管します。私にはパソコンをいじるデスクが必要ですのでデスクを置いています。服は日頃着るもの以外はレンタルすればよいので、それほど場所は必要ありません。日用品に関しては、トイレ、風呂、キッチン、洗濯機をシェアしますので、それに関連する道具も私有する必要がなくなるので、それの収納スペースはいりません。(消耗品は必要かもしれません。)

この部屋の場合のマンションのフロア

私が住んでいるマンションは1K(15m2)が5つ並んでいて1フロアになっています。ユニットバスに、ミニキッチン、洗濯機置き場がある普通の賃貸物件です。家賃は55000円、管理費が3000円です。それを例に、このコンパクトな部屋にした場合の違いを見てみましょう。

f:id:P_Paprika:20151119055042p:plain

5部屋の場所に、12部屋並びます。建築法はわからないので適当です。シェアするため、部屋と別に、トイレ、シャワー、洗濯機、キッチンが追加されます。共用するため、部外者が入らないよう、フロア専用のエントランスも必要です。エントランスには下駄箱や傘立てを用意します。フロア内を土足禁止にします。これは衛生面と清掃コストの軽減のためです。キッチンは火を扱えないようにします。これは清掃コストの問題です。オフィスのようにお湯と電子レンジのみが利用できます。最近はレンジがあれば比較的なんでもできます。

金銭面を見ていきましょう。
金銭面のコンパクトさも重要です。1フロア内に5部屋の場合、賃料は合計275000円です。ここに12部屋並ぶため、23000円になります。ここから設備代を引いて、20000円としましょう。(実際は相場しだいですがここは単純割とします。)
管理費はどうでしょうか。利用頻度に応じて徴収したいところですが、設備投資や管理で高コストになりますので、均等割りにします。
光熱費どのくらいでしょうか。自分を例にすると、電気3000円/月、ガス/2500円/月、水道1300円/月、となっています。今回の部屋の場合、部屋では電気しか使用しません。シェア分の電気代を1500円として、1人5300円x12部屋=63600円です。共有での節約しない心理がありますので、80000円としておきます。これに、消耗品代、清掃代、設備代、空き部屋リスク分を足して、150000円としましょう。これを12で割ると12500円です。だいたいシェアハウスの相場と同じくらいのようです。家賃と合計で32500円です。

生活費全体で見てみましょう。私の場合関連する生活費のみだと以下になります。

  • 家賃 58000円
  • 光熱費 6800円
  • 食費 20000円

コンパクトな部屋の場合は、以下になります。

  • 家賃 32500円
  • 光熱費 1500円
  • 食費 30000円

家賃は上で説明した通り下がります。光熱費は共有に回った分下がります。食費は自炊をしなくなるぶん増えることが予想されます。差分は20800円/月です。これに、洗濯機やレンジやキッチン周りの調理機具などの、設備費と清掃などの消耗品代も節約されます。合計で差額23000円としましょう。

そして、水回りの清掃する時間が不要になります。自炊する時間もいくらか減るでしょうか。

学生や上京社会人はこれで充分

忙しい社会人や、勉強に忙しい学生なんかは、このくらいの生活で十分ではないでしょうか。私自身も部屋には寝に帰るようなものなので、これで十分です。年間で28万円浮きます。浮いた分のお金はスポーツジムやレンタルスペースなど、設備が整った場所をそのつど選んで使用できます。貯めて旅行に行くのも良いです。臨時に必要なものはレンタルしましょう。物もスペースも。

住宅に今ほどコストをかける必要があるでしょうか。その分他のサービスを利用したほうが有意義ではないでしょうか。

ドローンで配送コストが下がるし物の私有をやめたい。

私は日頃から無駄を省くことばかり考えているわけですが、家のものをどんどん減らしたい衝動が常にあるわけです。
今回は、物の私有をどんどん減らしていく空想をしたいと思います。

前回、ドローンによる配送システムの話を書きました。配送コストが極端に落ちるだろうという話です。これをうまく使えば、手元に物を置いておく必要もないんじゃないかなと考えました。

あまり使わないものは共有する

生活しているとたまに使うものがあります。工具、文具、医療品、日用品など、たいして使わないけど、収納の隅っこにずーっと入ってます。こういうのは共有してしまえばいいと思うんです。使用したいときにドローンで届けてもらい、使い終わったらドローンで返還してもらえばよいのです。

物の共有サービスはどういうものか

基本料金は月額定額です。
ネット上でクレジット決済しドローンで物を取り寄せます。その時保障金を支払い、返却されたタイミングで設定された利用料を引いた額を返金します。返却されると次のものが借りることができます。
月額料金にはグレードを設け、グレードが高いほど高い物や、より新しいものが利用可能になります。同時に利用できる点数も増えます。
需要の高い物は地域の共有センター内で保管され、早いときは10分以内には届けられます。利用頻度が低いものほど、時間がかかることがありますが、借りるときに到着までの時間が表示されます。

共有サービスというと、だいたい少数のモラルクラッシャーに台無しにされることが予想されますが、先に利用規約を同意させ、クレジットカードを押さえることで、モラルクラッシャーへの対応はある程度できるとおもいます。ネット通販でその辺のノウハウはだいぶたまっていると思いますし。月額を敷くことで、低モラルの人間が入り込みにくい構造にもできます。

出品はアマゾン同様に製品メーカーが自由にやればよいです。メーカーは保証金と、1回の使用料を設定し、箱づめしてドローンに回収させるだけです。個人が出品してもよいでしょう。

気軽にいろいろなものを試せるため、無料サンプルをメーカーが提供したり、この共有サービス内の広告活動も活性化されるのではないと思います。

共有することで何を得るか

買う必要が無いのでその分のお金を得ます。収納も買わなくて済みます。保管の必要が無いのでそのスペースを得ます。(狭くて安い部屋でも十分になるでしょう)荷物が減るので移住コストが減ります。所有しないので災害や窃盗などのリスク減ります。
いろいろなものを少しづつ使えるので、いろいろなものを使う経験を得ることができます。

浮くコストがあるのでその分を共有サービスに投入すればよいでしょう。

なにが共有できるか

最初の例であげた、工具、文具、医療品、日用品などが代表例だと思いますが、他になにが共有できるでしょうか。自分の家にあるもので考えてみます。

ボードゲーム、ゲームハードはどうでしょうか。レンタルされたら困る業者はいるわけですが、割高であれば充分ペイするのではないでしょうか。一年に数回しかやらない人であれば、レンタルのほうが良いでしょう。利用頻度に応じて製作者に還元すればよいです。これは音楽などの定額サービス同様の仕組みになります。

食器・調理機具も必要な時に借りればよいですね。使用後のケアに関しては規約が必要ですが、ホームパーティーなどで急な必要な場合は便利です。

衣服やバッグ、靴なども共有できないでしょうか。季節のものは置いておく必要が無いので返還してしまえばいいです。冠婚葬祭などTPOによって衣服を使い分ける場合はその時にレンタルしたらよいです。ファッションのバリエーションも楽しめます。衣服の共有サービスがあったら、楽しそうですね。

スポーツもたまにやりたいと思ったら、道具だけドローンにもってきてもらってちょっとだけしたいですね。バトミントン、サッカー、フィッシングなど。距離を測るメジャーとストップウォッチをレンタルして50Mのタイムも測ってみたいです。

共有することで気軽に物を利用できる

私は物を持つことが好きでないいわゆるミニマリストです。物が増えることと、捨てることが嫌で物が買えないでいます。

こういう共有サービスがあれば、もっと気軽にいろいろな体験が出来るのにと思うのです。街に出ればいろいろなサービスを提供してくれているのですが、人がなんでもかんでもやってくれて、サービス過剰で高いのです。手続きも面倒です。
もっとアマゾン感覚でネットで手続きができ、ダウンロードコンテンツ感覚で、すぐに手元にドローンが届けてくれて使用できればよいですね。

物流の低コスト化は、物理のダウンロードコンテンツといえるのかもしれません。