効率化ばかり考える

日々、無駄を省き効率化ばかり考えてるブログ

既存税制とベーシックインカムでの収入の変化を考える

ベーシックインカムは、とても多くの効果を期待できるアイデアであるのですが、今回はベーシックインカムの一つの財源案と既存の累進税制での所得の変化について考えてみたいと思います。

財源は所得を控除無しでフラットタックス40%としてみました。これだと約100兆円の所得税収となります。この規模だと年間で大人84万円、子供36万円が支給できます。大人の金額は基礎年金の支給額よりちょっと多く、子供は子供手当よりずっと多い金額です。

このとき、各所得層の所得はどう変化するでしょうか。

f:id:P_Paprika:20151215053256p:plain

既存の税制の控除を基礎控除一律60万円+健康保険料と厚生年金で20%としました。現在の税制はとても複雑で、正確に概算をとらえることが難しいため、簡略化していますが、雰囲気は伝わればいいなと思います。

アオが従来型の累進性課税後の手取りです。オレンジ+ミドリがBIでの手取りです。従来型の税制のほうからは、厚生年金と失業保険で10%を引かれると仮定します。ベーシックインカムの場合は税制に統合されるため、年金と失業保険の支払いはありません。

BIの税率は高く、多くの税金を取られますが、BIが支給されるため底上げが行われ、従来型に結局近いものになっています。所得1000万円の人の場合、従来型が40万円上回っていますが、ベーシックインカムは子供がいればさらに36万支給されるので同じくらいになります。

従来の税制での手取り(青ライン)とBIの税制の手取り(赤ライン)を比べると、赤いラインのほうが角度が緩やかであることがわかります。徴税で所得によって一律に取り、BIの支給で定額を再分配するため、角度が緩やかになります。

健康保険料は、ベーシックインカムと統合すべきではないと私は考えていますので、それぞれ収入の中から支払います。

あとは、どちらも住民税は10%を支払いますが、住民税の多くがBIと目的が重複する民生費に当たっているのが現状のようですので、BIを増額できるか、所得税率を下げるか、地域サービスの充実ができます。

 

どうでしょうか。ベーシックインカムはそれほど無茶でもないように見えませんか?